さいはてのキャバレー準備中「ラスボスナイト」

カテゴリー BLOG, NEWS

奥能登国際芸術祭 作品№28
さいはてのキャバレー準備中「ラスボスナイト」

2017年10月、石川県奥能登の
珠洲市で開催された奥能登国際芸術2017、
作品№28さいはてのキャバレー準備中のショーナイトに
出演いたしました。

周りの方々に助けていただきながら
大変貴重な体験をさせていただきました。

その時の様子を少しアップします。

キャバレー会場となったのは、もともと定期船の待合室として使われた建物。
大きなイルカの絵が目印です。

おしゃれなカフェのような空間。
この椅子やテーブルはなんと、フランス風カフェの
火付け役となったカフェ・デ・プレ(表参道)から受け継いだものだそうです。

IMGP4426
大学だったか社会人になってからだったか、
緊張しながらも、憧れていたカフェ・デ・プレに
わざわざ足を運んだことを思い出しました。
(このどれかの椅子に座っていたのかも知れません)

夜。くっきりと闇に浮かび上がるキャバレーのサイン。

 
ホステスも黒服もボランティアです

       
芸術祭の総合アートディレクター、フラムさんの姿も。


ボスママ with B が登場して会場が盛り上がります。

 

オープニング
小唄「宮戸川」にのせて、さいはての地まで男を追って来た
一人の女の恋心… というイメージで踊らせていただきました。



Coolなオトナのバンド麻子&半ちゃんと「サン・トワ・マミー」
でコラボレーション。
初めて洋楽に合わせて踊る体験。

ご覧になった方が、
「日本舞踊の振りは基本的に当て振り(歌詞にあわせてその状況、情景を踊る)
ということがわかった」と感想を下さいました。
そうなのです、基本的には歌詞の言葉に合わせた振りがついていることが
ほとんどではないかと思います。


フィナーレ!最後はみんなを舞台に上げて盛り上がりました。


外国人のお客様もいらしてくれました。


最後は、ホステス役で駆けつけてくれた妹とのツーショット。

そして、このキャバレー(芸術作品)の企画・展示、運営をされた
食でアートする EAT & ART TAROさん、
キャバレーナイトの総支配人で
一般社団法人オトナ思春期をデザインするプロジェクトの理事、
三好洋子さんと記念撮影。

貴重な経験と体験をありがとうございました。

坂東ありか

P.S.アート作品「さいはてのキャバレー準備中」はこのような感じでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です