「姐さん日記」を連載させていただいている
「オトハル」こと、
オトナ思春期をデザインするプロジェクト
の新年会へ行ってきました!

オトハルのWEBサイトはこちら↓
http://otoharu.com/

オトハルでは人生に訪れる二回目の体と
環境の大きな変化の節目を、
第二の思春期「オトナ思春期」と捉え、
その時期をサポートする学びやプロ友 、
仲間をづくりの場を提供されています。

プロ友のひとり、お金のアドバイザー、
安田まゆみ先生の乾杯にはじまり、
今年は“運気アップ”新年会ということで、
風水の星美由紀先生やヒーラーのやましさんなど、
様々なプロフェッショナルの方から
『運気アップ』にまつわるお話がありました。

風水の星美由紀先生によると、
金運に良いのは大寒の日に生まれた卵、
2020年は鶏肉、やはり卵(特に親子丼がおすすめとか!)
チキンカレー、乳製品、根菜。
ラッキーカラーは金、緑、茶。
サブラッキーカラーは青だそうです!

私は日本舞踊の「三番叟」という演目の簡単な紹介と、
お客様に向けて「大入」と描く所作の部分を
皆様の開運と商売繁盛を祈念して舞わせていただきました!

また、参加者全員プレゼントでは
年末にオトハル代表のみよしさんと作った
「姐さん日記」の開運カードをもれなくプレゼントしました^^


制作したのは全部で8種類。
何が当たるか、お楽しみでした^^
皆さんに喜んでいただけて嬉しかったです!

また、私からの福引は、
所作講座無料体験チケットと
姐さん日記の”福絵”。

開運盛りだくさんの新年会、
大いに楽しみました!😊

本年もよろしくお願い申し上げます。

坂東ありか

 

先代の家元、坂東八十助時代から、
お正月といえば毎年恒例、新春浅草歌舞伎でした。

祖母に連れられて家元の楽屋へ
お尋ねしたのが懐かしく思い出されます。

若い力が勢いを増して
見応えありました✨


記念に。

今日は前から3列目のど真ん中で
この辺りは役者さんとよく目が合うので
見る方も緊張しました😳

帰りは母と二人、尾張屋さんで
やっと本当のお正月が来たような、
いえ、お正月のお疲れ会のような乾杯。

年末はお互い忙しかったのですが
パーティやらお節やらと
料理を作りつづけお互い頑張ったので
日常がまた始まることに
違う意味でホッとしています。。

熱燗が染み渡りました。

席はたまたま、十代目家元 坂東三津五郎の額の下でした。
若旦那、頑張っていましたよ、と心の中で報告。^^

途中、小柄なかわいい男の子が尾張屋さんに
軽快に入ってきて、スタッフの方々に挨拶して
ひとりで食事されていたのですが、
横顔ですぐにわかりました。

中村屋の梅丸君!
とっても可愛かったです!!

 

気になっていた、
歌舞伎版「風の谷のナウシカ」へ!

家元、坂東巳之助は
ミラルパ/ナムリス役で出演。

宮崎駿監督作品の中でも
ナウシカは別格に大好きなので
少し批判的に見てしまうかも〜・・
と思っていましたが、
冒頭から物語へ誘う
道化役の種之助さんがはまり役で、
また上手でびっくり!
すんなり物語に入って行けました。

夜の部は、映画には描かれていない
ストーリーが展開して行きます。


この幕はナウシカファンにとって胸アツでした!

漫画の全篇を知っているわけではないので
正直、途中からストーリーが分からないとろもありました。。

後半の古典の表現方法の織り混ぜ方が
面白かったです。

腐海の蟲や巨神兵が
よく出来ていて感動しました。

家元 坂東巳之助は役にお似合いで
いい演技でした!

楽しみにしていた七之助さん。
さすが、クシャナがとてもよく似合っていました。
衣裳の甲冑が大きかったので
もう少し体に合わせて
スリムにしても良かったような。

菊之助さんは、ニュースでも話題に上っていましたが
骨折した左腕の動きが制限されていました。

そのせいで演出も変わって残念でしたが
復帰してくれたお陰で鑑賞できたので、
がんばってくれてありがとう!と思いました。
ご本人が一番悔しかっただろうと思います。

私が観に行った翌日からメーベに乗るシーンが
再開されたようですが、、
この日はメーベはなし。
それだけが残念でした・・・!


帰りに前を通った歌舞伎座と満月が美しかったのでパチリ。

ご飯は銀座のキャンティで。
美味しかった♪


ソフトシェルクラブ。二人で一つで充分でした!

坂東ありか

集団日本舞踊21 主催の「おとな発表会」が
日本橋公会堂で催されました。

集団日本舞踊21に参加されている
各流派の先生方が
高校生以上のお弟子さんの発表の場にと、
初めて開催しました。
※ちなみに「こども発表会」は長年開催

 

裏方のみなさんと。
この日、私は受け付けをお手伝いしました。


先生方のご挨拶


出演者とスタッフで集合記念写真

流派を越えて交流できることが
うれしく、また刺激になります。

先生方、ありがとうございました。
お疲れさまでした!

坂東ありか

女学生役、踊り終えました!

今回は企画演目の中の
「女ひとり」という演目に
参加させていただきました。

作られたのは、
これまで創作舞踊を
いくつも手がけられている
藤蔭流家元 藤蔭静枝先生です。

藤蔭先生の稽古場に伺って
ご指導いただける時間は
貴重な時間でした。

普段はほとんど
古典演目を踊っているので
創作舞踊に挑戦する機会を頂戴し、
たった4分、されど4分の
得難い経験となりました。

ご指導いただきましてありがとうございました。
また、ご一緒させていただいた
藤間紫櫻様、ありがとうございました!

最後、みんなで踊ったディスコ花笠も
とても楽しかったです。
こういう賑やかしがあると、
終わりが華やぎますね。

また、妹弟子の坂東雪啓は長唄「さくら」を
踊らせていただきました。

皆様、ありがとうございました。

坂東ありか