【R.A. Generations 3.29】
江戸と令和のカルチャーMIXパーティー🎉
Respect for ALL Generations”EDO to REIWA”に出演させていただきます。

前半の「江戸パート」で、14時20分〜
坂東流の曲「さくら」を主催の坂東光有さんと一緒に踊ります。

普段、真正面から見ていただくことが多い日本舞踊ですが、
会場の舞台は縦長に張り出し、ほぼ360度。

舞台に合わせ、基本の古典の踊りを逸脱せずに、
新しいフォーメーションを取り入れながら踊る振りを付けました。
このチャレンジに、2人とも、とてもワクワクしています。

最後はみんなが主役。Let’s Party!

コスプレイヤーMIYUも登場し、
アニソンタイムで大人も子供も盛り上がります。

「江戸」から「令和」へと続く日本文化の豊かさを
体感していただけるのではないでしょうか。

_____

追記:
3月29日に予定しているイベントは収録目的での開催が決まりました!
防疫を最優先し、飲食提供無し・入場料無料の「無観客収録」
(出演者および家族と観客役のお知り合いのみ)として開催します。

主催の坂東光有さん @ODORUKO.MIYU が心を込めて企画し、
ご家族もお仲間も楽しみにしているイベント。
私も精一杯務めさせていただきます。

3.29の模様は、映像クリエイターのTomさんによって編集され、
後日、光有さんのYouTube(Bando Miyu Channel)にアップされる予定です。
お楽しみに!

_____

来る11月10日(日)
大田区舞踊連盟の舞踊会で
3−4分ほどの曲を踊らせていただきます。

「企画演目」の「叙情歌」の
「女ひとり」という曲で女学生役です。

「女ひとり」は
デューク・エイセスという
グループが歌われた、かの有名な…
京都〜大原、三千院…♬の、
あの曲です!

今回、初めて全曲聴きました。

振り付け、ご指導は
藤蔭流家元、藤蔭静枝先生です。

ハイカラさんのような
矢絣(やがすり)模様の着物姿の
大正〜昭和初期の女学生が、
京都大原を散策していると
幽玄の世界を彷徨う
古い時代の女性を見かけます。

その神秘的な美しさに魅力され
何ともわからず追いかけ、
思いを寄せる少女役です。
神秘的な女性の役は藤間紫櫻様。


真ん中の、リボンを着けている女学生のような
雰囲気になる予定。

短い時間の中に凝縮された世界観、
創作意図を表現できるのか…

とにかく、それだけが心配ですが
普段、古典を中心に勉強している
私にとっては、また違う、
有難い勉強の機会をいただいています。

メイクも、白塗りではなく
現代風になる予定です。

「踊りの正確さ」より伝わる演劇力。

踊りを通して、どれだけ表現できるか。
自分でもわかりませんが、頑張ります!

もしお時間があれば、
遊びに来ていただけると嬉しいです。

坂東ありか

9月上旬、先日取材を受けた月刊アレコレが

発売となりました!

もしお手に取っていただける機会があれば

ご覧いただけると嬉しいです。

 

月刊アレコレ170号はこちらからお求めいただけます。

稽古場の様子も取材していただきました。

 

 

本名での取材で、

編集長に興味を持っていただいた

私の若い頃のキャリアの話や

京都に移住した経緯についてなども

お話させていただきました。

 

もちろん日舞の活動にも触れています。

 

取材をしていただいてから、

あれも伝えればよかった、

これも伝えればよかったと反省。

 

不器用なところがあるので

自分がつたえたいことを

うまく伝えられず

よく一人で反省しています。

フルで思いを伝えられる人間に

なりたいものです!

 

 

編集長の細野さんには

自分の思いを言葉にする

貴重な機会を頂戴し、感謝しています。

 

 

焦らず、奢らず、

自分のできるところから、

一歩一歩、進んでいきたいと思います。

 

まずは今年11月10日の大田区舞踊会と、

12月に登壇の機会を頂いている

クローズドの会を無事終えられるよう

稽古や準備をして参ります。

 

2021年1月11日(日)には

国立劇場小劇場で師匠である

母の会第五回「蔦の会」の開催が決まっており

稽古場ではすでに、少しずつお稽古が始まっています。

 

来年は坂東流100周年の記念公演もあり

慌ただしくなっていくと思いますが

門下一同、頑張って参ります。

 

私も、少しでも母とお弟子さんたちの力に

少しでもなれるよう頑張って参ります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

坂東ありか

 

 

月刊アレコレ vol.170「きものびと十人十色」記事より

日経BPカンパネラに取材記事が掲載されました。
本名での取材ですが、日本舞踊についても
取り上げていただいております。

ひきたよしあき先生、スタッフの皆様、
お世話になり、ありがとうございました。

よろしければ下の画像もしくは下のリンクより
ご覧いただければ幸いです。

https://project.nikkeibp.co.jp/campanella/atcl/15/071000050/052200035/

お着物でも、お洋服でもしぐさの美しい人に。
自分の中心軸をみつけていく
所作講座体験レッスン

時間:60分程度
※着替えがございますので前後の時間に
余裕を持ってお越しください
場所:芝大門教室
費用:2000円
定員:各回5名様まで

日時:ご相談に応じます

受付時間:11時〜20時
※ご希望の日時を候補を2〜3お知らせください

レッスン内容: 基本の所作

立ちの姿勢と呼吸
立ち、座り
座りの姿勢と呼吸
姿勢を保った歩きかた
お辞儀する

ほか

【当日の服装について】
・お洋服でもOKです。ご自身の動きやすい服装でお越しください。
・ただし、​お着物での所作をより身につけたい方は
着物か浴衣を着用されることをおすすめいたします。
(着替えもできます)
・足袋または靴下をご持参ください

【お申込み方法】
下のフォームよりお申し込みください。

現在決まっている2019年度のスケジュールをご案内いたします。
※決まり次第随時更新

●11月10日(日)大田区舞踊連盟 舞踊会
演目未定
於・大田区民プラザ(下丸子)
入場料 2,000円

舞踊会はどなたでもお越しいただけます。
チケットについては下のフォームより
お気軽にお問い合わせくださいませ。

●3月11日(月)「パフォーミング・アーツ in Tokyo」
3.11チャリティイベント

観世流 梅若会 シテ方  山中 迓晶 氏 主催
(重要無形文化財総合指定保持者)

【能】「羽衣」山中迓晶
【武楽】武楽座 駕川 慎
【薩摩琵琶】定森正人
【オペラ】バリトン 高橋正典
【筆跡鑑定】筆跡仕事人 芳田マサノリ
【日本舞踊】「黒髪」坂東ありか

参加費2000円
(経費を差し引いた全てを、東日本大震災みやぎこども育英募金に寄付いたします)
参加者には特製クリアファイルをプレゼント。

会場:芝大門稽古場

●3月10日(日)「蔦の会」お舞初め

長唄「末広狩」
女大名  坂東ありか
太郎冠者 坂東亜弥
会場:港区

 

●3月2日(土)「着物着付け練習会」

3/10(日)の「蔦の会 お舞初め」に向けて着物の着付け練習会を開催します。
(場所:芝大門稽古場
どなたでもご参加いただけますので、「最近着物を着ていなくて忘れてしまった」「着物の着付けを集中して復習したい」という方も、ぜひご参加ください。

 

イベントへの参加やお問い合わせ、
チケットのご購入については下のフォームより
お気軽にお問い合わせください。