所作指導の補佐へ

昨年(2017年)11月の話になりますが、戦国武将のロールプレイングゲーム「信長の野望」などで有名な世界的ゲームメーカー(株)コーエーテクモゲームス様のご依頼で師匠(坂東 啓)と共にゲームの登場人物の所作指導に行って参りました。

まずは制作をされている一部社員の方々へ所作指導から始まり、基本の「き」(立つ、座る、歩く)の所作を練習。
一部の方には浴衣を着ながら、体験していただきました。

作る(描く)側の人が体感として知っておくといい、という会社の考え方が素晴らしいなと感じました。

その後、人物や人柄、年齢などに合わせたポーズや手の表情、武将や姫の所作、シーンの中で舞などがあり、私も一部、お手伝いさせていただきました。

社長夫妻こだわりのオフィスを見学させて頂き、クリエイティブな会社ならではの設備や雰囲気でワクワクいたしました。

完成した作品には師匠のクレジットが入るそうでとても楽しみです。

坂東ありか