“魂がふるえる“ 塩田千春展へ

ずっと気になっていた塩田千春さんの美術展、
「魂がふるえる」@森美術館に行ってきました。

学生の頃の実験的な作品、
そして現在の表現に至った流れ・・・

ほとばしるエネルギーを感じてきました。


 

帰りに、六本木ヒルズ森タワー
52FのTHE MOONでおいしいランチタイム。

お天気が良かったので
展望エリアで東京タワーを眼下に見下ろし
堪能して帰ってきました。


↑外国人観光客に大人気だった期間限定の?
「GACHA GACHA COFFEE」(ガチャガチャコーヒー)
1杯分のコーヒー豆が入ったカプセルをガチャガチャで購入して
自身でグラインド、ドリップの作業を行うそうです!

話をもとに戻し、
塩田さんの作品に出会ったのは
2年前の、第一回 奥能登国際芸術祭で。

その時の、作品に圧倒されている様子です↑
懐かしい^^

坂東ありか

来る11月10日(日)
大田区舞踊連盟の舞踊会で
3−4分ほどの曲を踊らせていただきます。

「企画演目」の「叙情歌」の
「女ひとり」という曲で女学生役です。

「女ひとり」は
デューク・エイセスという
グループが歌われた、かの有名な…
京都〜大原、三千院…♬の、
あの曲です!

今回、初めて全曲聴きました。

振り付け、ご指導は
藤蔭流家元、藤蔭静枝先生です。

ハイカラさんのような
矢絣(やがすり)模様の着物姿の
大正〜昭和初期の女学生が、
京都大原を散策していると
幽玄の世界を彷徨う
古い時代の女性を見かけます。

その神秘的な美しさに魅力され
何ともわからず追いかけ、
思いを寄せる少女役です。
神秘的な女性の役は藤間紫櫻様。


真ん中の、リボンを着けている女学生のような
雰囲気になる予定。

短い時間の中に凝縮された世界観、
創作意図を表現できるのか…

とにかく、それだけが心配ですが
普段、古典を中心に勉強している
私にとっては、また違う、
有難い勉強の機会をいただいています。

メイクも、白塗りではなく
現代風になる予定です。

「踊りの正確さ」より伝わる演劇力。

踊りを通して、どれだけ表現できるか。
自分でもわかりませんが、頑張ります!

もしお時間があれば、
遊びに来ていただけると嬉しいです。

坂東ありか