今月、大田区の中小企業の社長の勉強会、
OMS会様で、僭越ながら講話と所作講座、
そして日本舞踊を披露させて頂きました。


出発前に母と。

「日本舞踊のお話」では、
その歴史から鑑賞のポイント、
そして話は江戸吉原の姐さん話へ。

日本舞踊の曲の題材には
実に多くの吉原の情景が詠み込まれ、
表現されています。

人々がいかに吉原を特別な世界として捉え、
憧れを抱いていたかがわかります。

踊りの披露は坂東流の曲から2曲、
清元「さくら」と長唄「甲子待」を
踊らせていただきました。

そして、プチ所作講座。

会社の経営者の方々であり
人生の大先輩を前に、若輩者の私などと
大変緊張致しましたが・・・

私の拙い話に一生懸命耳を傾けていただき、
また所作講座では積極的にご参加いただき、
最後は温かい励ましの言葉を頂戴し、
感激いたしました。

下の動画は2曲披露した内のひとつ、
「甲子待(きのえねまち)」の抜粋です。

撮影して下さったのは、かの有名なゲーム
パックマンを開発された方の一人で
元ナムコ社長の石村繁一様。

後から、動画を撮っておけば良かったと
反省しておりましたので、
映像をいただき嬉しかったです。
ありがとうございました。

その後の忘年会では
蒲田の名店「ひよこ」さんへ。

祖母、坂東三津春は蒲田を地場に
稽古場を開いた坂東流の先生でした。
現在も母が蒲田の稽古場を受け継いでおりますが
現在のメインのお稽古場は芝大門に移りましたので
蒲田に行く機会も少なくなってしまいました。

「ひよこ」は小さい頃、
祖母と一緒に家族で訪れたお店の一つ。
何十年かぶりの再訪、変わらぬ鳥料理の美味しさ。
とても懐かしく、幸せなひと時を過ごさせていただきました。

いつの時代の写真?というぐらい
昭和感漂う写真がお気に入りです。

こうして、皆様に挑戦の場をいただき、
育てていただいている事に感謝しております。

来年は、同輩の妹分との
舞踊ユニットの活動も始まる予定です。

またそちらはいずれご報告させていただきます!
これからも、温かい目で見守っていただければ幸いです。

坂東ありか

気になっていた、
歌舞伎版「風の谷のナウシカ」へ!

家元、坂東巳之助は
ミラルパ/ナムリス役で出演。

宮崎駿監督作品の中でも
ナウシカは別格に大好きなので
少し批判的に見てしまうかも〜・・
と思っていましたが、
冒頭から物語へ誘う
道化役の種之助さんがはまり役で、
また上手でびっくり!
すんなり物語に入って行けました。

夜の部は、映画には描かれていない
ストーリーが展開して行きます。


この幕はナウシカファンにとって胸アツでした!

漫画の全篇を知っているわけではないので
正直、途中からストーリーが分からないとろもありました。。

後半の古典の表現方法の織り混ぜ方が
面白かったです。

腐海の蟲や巨神兵が
よく出来ていて感動しました。

家元 坂東巳之助は役にお似合いで
いい演技でした!

楽しみにしていた七之助さん。
さすが、クシャナがとてもよく似合っていました。
衣裳の甲冑が大きかったので
もう少し体に合わせて
スリムにしても良かったような。

菊之助さんは、ニュースでも話題に上っていましたが
骨折した左腕の動きが制限されていました。

そのせいで演出も変わって残念でしたが
復帰してくれたお陰で鑑賞できたので、
がんばってくれてありがとう!と思いました。
ご本人が一番悔しかっただろうと思います。

私が観に行った翌日からメーベに乗るシーンが
再開されたようですが、、
この日はメーベはなし。
それだけが残念でした・・・!


帰りに前を通った歌舞伎座と満月が美しかったのでパチリ。

ご飯は銀座のキャンティで。
美味しかった♪


ソフトシェルクラブ。二人で一つで充分でした!

坂東ありか

集団日本舞踊21 主催の「おとな発表会」が
日本橋公会堂で催されました。

集団日本舞踊21に参加されている
各流派の先生方が
高校生以上のお弟子さんの発表の場にと、
初めて開催しました。
※ちなみに「こども発表会」は長年開催

 

裏方のみなさんと。
この日、私は受け付けをお手伝いしました。


先生方のご挨拶


出演者とスタッフで集合記念写真

流派を越えて交流できることが
うれしく、また刺激になります。

先生方、ありがとうございました。
お疲れさまでした!

坂東ありか

毎年12月に浅草公会堂で開催される
坂東流チャリティ舞踊会で
母 坂東啓の門下二人が
舞台に立たせていただきました。

一緒に写っている坂東亜弥さんは
清元「卯の花」を。

お仕事が忙しい中、
お稽古大変だったと思います。

無事に踊り終えることができ、
感謝感謝、自分のことのように
ほっといたしました。

この日、亜弥さんは5年連続出演した人に与えられる
舞扇子を師匠と共に授与されていました。

2021年1月11日に開催される、母主催の舞踊会、
第五回「蔦の会」(於 国立劇場 )では
2人で 長唄「二人椀久」を
踊らせていただく予定です。

亜弥さんは 椀屋久兵衛を、
私、坂東ありかは遊女松山を。

静と動の展開があるドラマティックな曲で
感情の動き、表現力を求められる
ただ踊るだけでは伝わらない難しい演目です。

それに向け、すでに稽古は始まっていますが
お互い様々なスケジュールを縫いながら
本番に向けさらに一生懸命
稽古に励んでまいります❗️

温かい12月。まだ浅草寺の銀杏が
葉をつけて黄金色に輝いていました。

坂東ありか