観世流 梅若会 シテ方  山中 迓晶さんが
急遽、呼びかけをされ開催することとなった
3.11チャリティイベント。

 

開催までわずか4日で、
30名弱のお客様にご参加いただきました!

 

急なことにもかかわらず、
たくさんの方にお集まり頂き
本当にありがとうございました。

会場となったのは
私どもの、芝大門稽古場。

 

山中さんの呼びかけで
演者は6名となり、

各方面でご活躍の
多彩な方々が集まりました。

 

【能】山中迓晶「羽衣」
【薩摩琵琶】定森正人「蓬莱山」
【武楽】武楽座 駕川 慎
【日本舞踊】坂東ありか「黒髪」
【オペラ】バリトン 高橋正典
【筆跡鑑定】筆跡仕事人 芳田マサノリ

敬称略

 

パフォーマンスが始まる前、
早く着かれた方優先で芳田マサノリさんの
プチ筆跡鑑定コーナーを設けました。

好評でした!

 

能楽師 山中迓晶氏による演目解説と
能「羽衣」の一部の実演

 

武楽座からは、駕川 慎さんが参加され
詩を語りながらの剣の演武を披露。
美しさの中に、鬼気迫る迫力があり
会場も息を飲みました。

 

薩摩琵琶は、定森正人さんによる唄と演奏。
「蓬来山」という演目は薩摩琵琶の曲の中でも
目出度い席などに演奏するご祝儀もので
比較的穏やかな方だというお話でしたが
緩急のあるロックなナンバーでした。

高音のたわむ音がとても心地よく感じたのですが
薩摩琵琶の耳に聞こえない周波数の音は
体に良いと言われているそうで、
大変興味深かったです。

 

 

武士の流れを汲んだ芸能が続く中
がらりと雰囲気を変えて、
日本舞踊で黒髪。

 

好きな相手と結ばれることのない
一人の女の悲哀を踊らせていただきました。


日本舞踊ではお扇子を様々なものに見立てるのですが、
写真のお扇子は「あなた(愛しい人)」です。
愛しい人を座らせて、文句を言おうとしているところです。笑

 

 

続いて、筆跡仕事人、芳田マサノリさんと
バリトン歌手 高橋正典さんの
公開筆跡鑑定コーナー。

 

 

学生の頃から外国暮らしが長かったという高橋さんは
文字に自信がないとおっしゃいますが…

字の上手い下手は鑑定にあまり関係ないそうです。

字の特徴から、性格や才能の特性を紐解きます。

 

その後は高橋正典さんによる歌。

 

オペラ、カルメンから「闘牛士の唄」
そして高橋さんのCDの曲の中から「自分花」。

 

いつの日も等身大の自分の花を咲かせようよ、
という心温まるメッセージに
会場も一つになりました。

 

 

 

最後はオークションも開催!
たくさんの方にご協力いただき、
義援金をさらに募ることができました。

 

 

翌日、すぐに山中迓晶さんよりご連絡がありました。

 

東日本大震災みやぎこども育英募金に
当日書いていただいた皆様の署名の紙と共に
送金していただいた旨、ご報告いただきました。

 

参加してくれた友人や知人からは
盛りだくさんですごく楽しめた〜!
伝統芸能をほとんど見たことがなかったから
不安だったけれど、とっても楽しめました!などなど
お声をいただきました。

 

 

心のどこかでは何か出来たら…思っていても、
なかなか「えい!」と実行に移せないものです。

 

本当に、自分のできることから、
アクションを起こすことの大切さを
山中さんより学ばせていただきました。

 

この度はこのような機会に参加させていただき
ありがとうございました。

 

 

坂東ありか