昨日は国宝東寺展のレセプションへ伺いました。

 

京都在住時代に大変お世話になった
東寺の僧侶の方々や
プロジェクトに関わる友人に会えて
嬉しいひとときでした。

 


東京国立博物館


平成館


開会式の様子


久しぶりに会った友人たちと

 

京都にある世界遺産の東寺は、
平安京が作られてから
西寺と共に最初に建立された官寺です。

 

羅城門(平安京の入り口)を挟んで
反対側には西寺がありましたが
残念ながら現代まで
続くことはありませんでした。

 

東寺は平安京ができてから、
場所が変わらない唯一のお寺のため、
昔の都を知る遺構としても大変貴重な場所なのです。

 

時は少し下り、弘法大師空海が唐から
真言密教の教えと、貴重な宝具、
文化を大量に日本に持ち帰りました。

 

823年、嵯峨天皇から東寺を任され、
貴重な品の数々が東寺に納められました。

空海は東寺を真言密教の
根本道場とすべく尽力します。
講堂や五重塔の建立、
今回15体も出展される
立体曼荼羅もそのひとつ。

 

東寺の境内には空海の
宇宙思想が詰まっています。

 

 

空海が持ち帰った宝具をはじめ
三筆に数えられる有名な空海自筆の書など
東寺の寺宝を一堂に観ることができる
国宝東寺展が本日3/26から始まります

 


帝釈天様とツーショ!

 

東寺に足繁く足を運んでも、
なかなかこれだけのものを
一度に見ることはできません。

 

ぐるりと見られる立体曼荼羅の仏像は
15体も来ています!

 

そしてイケメンと名高い
帝釈天様だけは、なんと撮影OK!
(東寺では厳禁です🙅‍♀️

 

とっても嬉しいので大きめに載せておきます!

 

麗しいですね〜☺️

 

◎国宝東寺展◎
東京国立博物館〈平成館〉
会期:3/25-6/2
https://toji2019.jp/

 

坂東ありか