7月13日土曜日、
参加している集団 日本舞踊21
インターナショナルプロジェクトの
ワークショップで、
東大柏の葉キャンパスへ行って来ました。

 

日本舞踊研究家としても有名な、
古井戸秀夫先生(東京大学名誉教授)が講師です。

とてもきれいでお洒落なキャンパス!


ワークショップのポスターを
張り出していただいていました。


実は、何気に素粒子物理学が好きなので、
本物のカミオカンデの装置を見られたときは
テンションが上りました!柏の葉キャンパスは
理化学系の学部が集まっているんですね。


リハーサルの様子。


ワークショップ前半は、古井戸先生の解説と実演。

見立ての世界や日本舞踊独特の
表現方法をお見せしました。

 


純粋に日本舞踊を見て楽しんでいただく時間も。

第二部は参加型ワークショップ。

参加希望者は浴衣に着替えていただき、
大人の方も、お子さんにも、実際に
女の踊り、男の踊りを踊っていただきました。

私も、浴衣の着付け、
踊りの補佐をお手伝いさせていただきました。
(なので・・残念ながら写真ありません!)

「想像していたより体を使うので汗が出た」
「たのしかった」「むずかしかった・・」
などなど、ご感想をいただきました。

私自身も良い勉強をさせていただきました。
ご参加、ありがとうございました!

坂東ありか