台詞の講習会へ

カテゴリー BLOG, 日本舞踊0件のコメント

坂東会主催の台詞の講習会に
行ってきました!

場所は浅草見番。

浅草見番は、広い板の間の舞台があり
同じ高さでお座敷が続いているため
各種イベント、舞踊関係の練習会や下浚い、
小さな舞踊会まで、さまざまに活用されます。

 

昨日は思っていたより大勢の参加。

 

前後で入れ替わりながら、
台詞の練習をしました。

普段なかなか声を張り上げて
自分が踊る演目以外のものの台詞を
練習する機会が無いので
大変いい勉強になりました。

 

もしかしたら、日本舞踊で台詞?!

と思われるかも知れませんが
歌舞伎の台詞を思い出していただけると
わかりやすいかなと思います。

演目によって、
あのような独特の口調の台詞が、
日舞の中にもあるのです。

特に歌舞伎から来た演目に多く見られます。

本日の題材となったのは
「文売り(ふみうり)」「年増」「吉野山」。

 

「文売り」「吉野山」は
歌舞伎でもよく上演されます。

最近では昨年2018年11月吉例顔見世興行で
中村雀右衛門さんが
「文売り」を踊られて素敵でした😊

 

「吉野山」はストーリーがわかりやすく
また、舞台も吉野山の満開の桜の場面で美しく
定番でよく上演されます。

私の中では2017年の新春浅草歌舞伎で
松也さんが忠臣忠信(実は源九郎狐)を
されたのが記憶に新しいです。

演目についてはまた別の機会に!

 

浅草周辺はいつも通りすごい人の出でした!

 

桜もちらほらと咲き始めていて・・・

 

桜とスカイツリー😊
境内にある小ぶりの枝垂れ桜は
7−8部咲となっていました。

 

お昼を食べそびれてお腹がぺこぺこで
浅草に行ったときによく食べる
尾張屋さんで天ぷらそば。

美味しくてぺろり。
大盛りにすればよかった!

坂東ありか