八月納涼歌舞伎へ

カテゴリー BLOG, 日本舞踊, 歌舞伎0件のコメント

八月納涼歌舞伎へ行ってきました!
師匠である母と、久しぶりに
二人だけのお出かけでした。

拝見したのは第一部、
伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)と
闇梅百物語(やみのうめひゃくものがたり)。

伽羅先代萩の最後に、荒獅子男之助役で
家元の坂東巳之助が登場しました。

迫力もあって、締まっていて
良かったと思います😊

伽羅先代萩は七之助さんの
乳人政岡役への挑戦も見応えありましたが

彼の甥っ子二人、
勘太郎ちゃんと長三郎ちゃんの
頑張りがなんとも愛らしかったです。

ふたりとも、長い演目にもかかわらず
台詞ひとつ間違えず、演じきり、立派でした。
感心してしまいました。

小さな長三郎ちゃんが舞台上で
おねむになり、
寝落ちしそうになる場面も。

でも、自分の番が回ってくると
ちゃんと台詞が出る。
とても立派でした。
そして愛らしかった〜♡

良い気持ちで歌舞伎座を出て
銀座四丁目交差点近くの竹葉亭で
遅いお昼にぎりぎり駆け込み
間に合いました。

すべてがホッとする味。
安定のおいしさ。
大好きな鯛茶漬けを頂き、大満足。

空にほんの少し
秋の気配を感じながら
帰路につきました。

坂東ありか