第二回 坂東流チャリティーゆかた会

カテゴリー BLOG, 日本舞踊0件のコメント

8月28日は第二回目となる
坂東流チャリティーゆかた会がありました。

坂東流では毎年12月にチャリティー舞踊会を
浅草公会堂で開催していますが
ゆかた会は昨年から始まった試みです。

浴衣で気軽に参加できるということで参加者も多く、
それぞれに良い勉強の場になっているのではないかと思います。

場所は日本橋公会堂
小さいホールですが、とても見やすくて良いホールです。

なんとなく、撮影ははばかられて
会場の写真はありません。

この日は師匠である母と会場で落ち合い、お昼を共にしました。

少し前まで、日本橋公会堂の周辺には
あまり食べ物屋さんがなかった印象ですが
新しく、公会堂の目の前にお肉を食べさせる
お店ができていたので入ってみました。

後からお店の名前を調べたら
新東京焼肉 遊心 宴 日本橋蛎殻町店
というお店でした。

食べたい!と思った限定10食の
焼き肉ランチは残念ながら売り切れで、
ステーキランチをいただきました。

自分で網で焼いていただくスタイル。

これで1000円です!
お肉は柔らかく、美味しくいただきました。

入った時間は午後2時を回っていたので
ランチタイムはとうに過ぎているはずですが
小さいお店にまぁまぁ人が入っていましたよ。

この日はこの後に仕事があり
お友達の踊りをいくつか拝見して、
早めに帰らせていただきました。

忙しい中、家元、坂東巳之助も駆けつけ
流儀の皆さんに挨拶して、

「夏のチャリティーゆかた会、冬のチャリティー舞踊会」
というように定着したら良い、と話していました。

このゆかた会の試みはとても良いことだと思うので
私も長く続いてほしいと思います。^^

坂東ありか