【R.A. Generations 3.29】
江戸と令和のカルチャーMIXパーティー🎉
Respect for ALL Generations”EDO to REIWA”に出演させていただきます。

前半の「江戸パート」で、14時20分〜
坂東流の曲「さくら」を主催の坂東光有さんと一緒に踊ります。

普段、真正面から見ていただくことが多い日本舞踊ですが、
会場の舞台は縦長に張り出し、ほぼ360度。

舞台に合わせ、基本の古典の踊りを逸脱せずに、
新しいフォーメーションを取り入れながら踊る振りを付けました。
このチャレンジに、2人とも、とてもワクワクしています。

最後はみんなが主役。Let’s Party!

コスプレイヤーMIYUも登場し、
アニソンタイムで大人も子供も盛り上がります。

「江戸」から「令和」へと続く日本文化の豊かさを
体感していただけるのではないでしょうか。

_____

追記:
3月29日に予定しているイベントは収録目的での開催が決まりました!
防疫を最優先し、飲食提供無し・入場料無料の「無観客収録」
(出演者および家族と観客役のお知り合いのみ)として開催します。

主催の坂東光有さん @ODORUKO.MIYU が心を込めて企画し、
ご家族もお仲間も楽しみにしているイベント。
私も精一杯務めさせていただきます。

3.29の模様は、映像クリエイターのTomさんによって編集され、
後日、光有さんのYouTube(Bando Miyu Channel)にアップされる予定です。
お楽しみに!

_____

「姐さん日記」を連載させていただいている
「オトハル」こと、
オトナ思春期をデザインするプロジェクト
の新年会へ行ってきました!

オトハルのWEBサイトはこちら↓
http://otoharu.com/

オトハルでは人生に訪れる二回目の体と
環境の大きな変化の節目を、
第二の思春期「オトナ思春期」と捉え、
その時期をサポートする学びやプロ友 、
仲間をづくりの場を提供されています。

プロ友のひとり、お金のアドバイザー、
安田まゆみ先生の乾杯にはじまり、
今年は“運気アップ”新年会ということで、
風水の星美由紀先生やヒーラーのやましさんなど、
様々なプロフェッショナルの方から
『運気アップ』にまつわるお話がありました。

風水の星美由紀先生によると、
金運に良いのは大寒の日に生まれた卵、
2020年は鶏肉、やはり卵(特に親子丼がおすすめとか!)
チキンカレー、乳製品、根菜。
ラッキーカラーは金、緑、茶。
サブラッキーカラーは青だそうです!

私は日本舞踊の「三番叟」という演目の簡単な紹介と、
お客様に向けて「大入」と描く所作の部分を
皆様の開運と商売繁盛を祈念して舞わせていただきました!

また、参加者全員プレゼントでは
年末にオトハル代表のみよしさんと作った
「姐さん日記」の開運カードをもれなくプレゼントしました^^


制作したのは全部で8種類。
何が当たるか、お楽しみでした^^
皆さんに喜んでいただけて嬉しかったです!

また、私からの福引は、
所作講座無料体験チケットと
姐さん日記の”福絵”。

開運盛りだくさんの新年会、
大いに楽しみました!😊

本年もよろしくお願い申し上げます。

坂東ありか

今月、大田区の中小企業の社長の勉強会、
OMS会様で、僭越ながら講話と所作講座、
そして日本舞踊を披露させて頂きました。


出発前に母と。

「日本舞踊のお話」では、
その歴史から鑑賞のポイント、
そして話は江戸吉原の姐さん話へ。

日本舞踊の曲の題材には
実に多くの吉原の情景が詠み込まれ、
表現されています。

人々がいかに吉原を特別な世界として捉え、
憧れを抱いていたかがわかります。

踊りの披露は坂東流の曲から2曲、
清元「さくら」と長唄「甲子待」を
踊らせていただきました。

そして、プチ所作講座。

会社の経営者の方々であり
人生の大先輩を前に、若輩者の私などと
大変緊張致しましたが・・・

私の拙い話に一生懸命耳を傾けていただき、
また所作講座では積極的にご参加いただき、
最後は温かい励ましの言葉を頂戴し、
感激いたしました。

下の動画は2曲披露した内のひとつ、
「甲子待(きのえねまち)」の抜粋です。

撮影して下さったのは、かの有名なゲーム
パックマンを開発された方の一人で
元ナムコ社長の石村繁一様。

後から、動画を撮っておけば良かったと
反省しておりましたので、
映像をいただき嬉しかったです。
ありがとうございました。

その後の忘年会では
蒲田の名店「ひよこ」さんへ。

祖母、坂東三津春は蒲田を地場に
稽古場を開いた坂東流の先生でした。
現在も母が蒲田の稽古場を受け継いでおりますが
現在のメインのお稽古場は芝大門に移りましたので
蒲田に行く機会も少なくなってしまいました。

「ひよこ」は小さい頃、
祖母と一緒に家族で訪れたお店の一つ。
何十年かぶりの再訪、変わらぬ鳥料理の美味しさ。
とても懐かしく、幸せなひと時を過ごさせていただきました。

いつの時代の写真?というぐらい
昭和感漂う写真がお気に入りです。

こうして、皆様に挑戦の場をいただき、
育てていただいている事に感謝しております。

来年は、同輩の妹分との
舞踊ユニットの活動も始まる予定です。

またそちらはいずれご報告させていただきます!
これからも、温かい目で見守っていただければ幸いです。

坂東ありか

毎年12月に浅草公会堂で開催される
坂東流チャリティ舞踊会で
母 坂東啓の門下二人が
舞台に立たせていただきました。

一緒に写っている坂東亜弥さんは
清元「卯の花」を。

お仕事が忙しい中、
お稽古大変だったと思います。

無事に踊り終えることができ、
感謝感謝、自分のことのように
ほっといたしました。

この日、亜弥さんは5年連続出演した人に与えられる
舞扇子を師匠と共に授与されていました。

2021年1月11日に開催される、母主催の舞踊会、
第五回「蔦の会」(於 国立劇場 )では
2人で 長唄「二人椀久」を
踊らせていただく予定です。

亜弥さんは 椀屋久兵衛を、
私、坂東ありかは遊女松山を。

静と動の展開があるドラマティックな曲で
感情の動き、表現力を求められる
ただ踊るだけでは伝わらない難しい演目です。

それに向け、すでに稽古は始まっていますが
お互い様々なスケジュールを縫いながら
本番に向けさらに一生懸命
稽古に励んでまいります❗️

温かい12月。まだ浅草寺の銀杏が
葉をつけて黄金色に輝いていました。

坂東ありか

9月上旬、先日取材を受けた月刊アレコレが

発売となりました!

もしお手に取っていただける機会があれば

ご覧いただけると嬉しいです。

 

月刊アレコレ170号はこちらからお求めいただけます。

稽古場の様子も取材していただきました。

 

 

本名での取材で、

編集長に興味を持っていただいた

私の若い頃のキャリアの話や

京都に移住した経緯についてなども

お話させていただきました。

 

もちろん日舞の活動にも触れています。

 

取材をしていただいてから、

あれも伝えればよかった、

これも伝えればよかったと反省。

 

不器用なところがあるので

自分がつたえたいことを

うまく伝えられず

よく一人で反省しています。

フルで思いを伝えられる人間に

なりたいものです!

 

 

編集長の細野さんには

自分の思いを言葉にする

貴重な機会を頂戴し、感謝しています。

 

 

焦らず、奢らず、

自分のできるところから、

一歩一歩、進んでいきたいと思います。

 

まずは今年11月10日の大田区舞踊会と、

12月に登壇の機会を頂いている

クローズドの会を無事終えられるよう

稽古や準備をして参ります。

 

2021年1月11日(日)には

国立劇場小劇場で師匠である

母の会第五回「蔦の会」の開催が決まっており

稽古場ではすでに、少しずつお稽古が始まっています。

 

来年は坂東流100周年の記念公演もあり

慌ただしくなっていくと思いますが

門下一同、頑張って参ります。

 

私も、少しでも母とお弟子さんたちの力に

少しでもなれるよう頑張って参ります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

坂東ありか

 

 

月刊アレコレ vol.170「きものびと十人十色」記事より

7月13日土曜日、
参加している集団 日本舞踊21
インターナショナルプロジェクトの
ワークショップで、
東大柏の葉キャンパスへ行って来ました。

 

日本舞踊研究家としても有名な、
古井戸秀夫先生(東京大学名誉教授)が講師です。

とてもきれいでお洒落なキャンパス!


ワークショップのポスターを
張り出していただいていました。


実は、何気に素粒子物理学が好きなので、
本物のカミオカンデの装置を見られたときは
テンションが上りました!柏の葉キャンパスは
理化学系の学部が集まっているんですね。


リハーサルの様子。


ワークショップ前半は、古井戸先生の解説と実演。

見立ての世界や日本舞踊独特の
表現方法をお見せしました。

 


純粋に日本舞踊を見て楽しんでいただく時間も。

第二部は参加型ワークショップ。

参加希望者は浴衣に着替えていただき、
大人の方も、お子さんにも、実際に
女の踊り、男の踊りを踊っていただきました。

私も、浴衣の着付け、
踊りの補佐をお手伝いさせていただきました。
(なので・・残念ながら写真ありません!)

「想像していたより体を使うので汗が出た」
「たのしかった」「むずかしかった・・」
などなど、ご感想をいただきました。

私自身も良い勉強をさせていただきました。
ご参加、ありがとうございました!

坂東ありか